<ダイジェスト>世界の一流と対等に渡り合うのに必要なものとは?〜英語道場升砲館 館長・総師範 ショーン・ツジイ〜

本編公開
7月29日予定

↑本編公開中です。↑ご覧になる場合は、上記より登録をしてください。

 

ショーン・ツジイ プロフィール

  • 英語道場升砲館 館長・総師範
  • 有限会社ツジイイングリッシュスクール 代表取締役
  • 英国オックスフォードブルックス大学大学院、社会人類学科修了(MA)
  • 文化人類学、応用言語学、歴史学、武道の観点からの言語教育の応用研究を何よりも好む

ロサンゼルス+京都育ちの英語日本語ネイティブ。日米の家族と親戚に囲まれた環境で、英語と日本語の両方を第一言語に育った。

十代の頃より文化人類学や民俗学に興味を持ち始める。エドワード・T・ホールやグレゴリー・ベイトソンのような幅広い学際的アプローチに魅了され、文化人類学と英語教育を結びつけたいと強く欲するようになる。主な影響は、ソシュールの記号論とレヴィ=ストロースの構造主義。チョムスキーの言語論は部分的に認める立場を取っている。

1995年に京都の四条烏丸でツジイイングリッシュスクールを創設。以来、全国・海外から生徒を集めている。生徒には起業家、外資系会社員、大学教授、英会話講師、通訳者、洋楽シンガー、アメリカ人、海外在住者など英語に携わる人が多い。

米国の思想家・教育改革家ジョン・デューイの影響も強く、「正しい回答を記入さえすれば万事オッケーというような学校教育がヒトをダメにしている」と考えており、戦後日本の教育に心を痛めている。